中古車市場で需要が高い時期

結論から先に言いますと、車がもっとも高く売れるのは2〜3月です。
新生活が始まる4月までに車を買う人が多いのがその理由です。
この時期に車を買う人は新社会人や引っ越しで車が必要になる人。
よく売れるのは若い方が好む車と言えるでしょう。
男女ともに軽自動車がやはり人気で、運転初心者の方が買う場合はいきなり高くて大きな車にはなりません。
なるべく小回りが利いて燃費のいい車ということになります。
引っ越しで車が新たに必要になる人も考え方は同じで、今まで車に乗ってなかたった方も買うので同じような車種になる傾向が強いです。

 

ではそれ以外の時期ではいかがでしょうか?
大きな買い物をしてもいいと思える時期・・・そうボーナスですね。
年2回のボーナスシーズンは財布のひもも緩むので中古車市場は動きます
夏では6〜7月にかけて、冬は当然12月に車を人が増えるので、売るタイミングとしてもいい時期です。

 

これは新車にも共通して言えることですが、車を販売する会社の決算月も高く売れることが多いです。
一般的に販売会社の決算月は3月と9月です。
決算月は各販売会社が売上を上げるために特に力を入れる時期ですので、当然仕入れ(買取り)にも力を入れます。
売れる人気車種をたくさん持ってることがそのまま販売の成績にも直結する事を考えると、その仕入れ時期は2月や8月ということになります。

季節で売れる車種の傾向が変わる

車に乗る人は当然1年中乗るんですが、欲しい車種が季節によって影響を受けます。
具体的に言いますと、夏はレジャーを意識した車、冬は4WDの車という感じです。

 

夏に売れる車は家族で過ごすワンボックスカーが特に人気です。
またオープンカーなども完全に夏に人気の車です。
冬によく売れる4WDは雪が積もる地域で特に顕著にあらわれます。
タイヤだけ変えれば済むと思われがちですが、雪道でもより安全に走れる4WDが好まれるのは当然の結果ですね。
自動車メーカーも季節を狙った新車の投入などを同じ時期に行う傾向があります。
中古車市場も同じように季節を意識して重要が変化しますので、該当する車種で買取りを検討している方は要チェックですね。

 

あくまで高く売れる時期は目安です

仮にあたながコンパクトカーを売りたいと考えていて、今が5月だとしましょう。
コンパクトカーは特に売れる時期は春なので、高く売れるのを期待して約1年も待つというのはおかしな話です。
あなたが車を売りたい理由が例えば欲しい車が発売されたからだとします。
乗りたい車がもう発売されてるのに、高く売るために1年も待つのはおかしいですね。
上で述べたタイミングというのはあくまで目安であって、実際には需要と供給の関係で中古車の相場は刻々と変動しています。
また乗ってる車の価値を考える場合、走行距離は当然短いほうがいいですよね?
待ってる間に売りたい車がフルモデルチェンジやマイナーチェンジしたら・・・当然価値は下がります。
あなたの車のライバル車のモデルチェンジも気をつけたほうがいいです。
ライバル車がモデルチェンジをすれば同じタイプの車が中古車市場に多く出回るため供給が増えて価値が下がってしまいます。

 

売ろうと決めたのなら出来るだけ早く売るというのも一つの考え方です。
一番高く売るために一括査定などを利用して賢く売ることを心がけましょう!